PythonとMIDI変換器とスタディーノでギター練習ロボを作ってみた。

エレキギターの出力をMIDI変換器(SONUUS G2M)に通し、Gディミニッシュスケールの構成音(のMIDI信号)を検出できれば正解、複数の音が混ざったり雑音が混ざったりしてMIDI変換器が別の音として認識してしまったら不正解とします。正解の場合、ロボット(studuino)の右アームの角度が1°上がり、不正解の場合、左アームの角度が10°上がります。どちらかのアームが90°に達した時点でゲーム終了となります。右手で確実にミュートし音の粒を揃えて若干スタッカート気味に弾かないとすぐに誤検出が起こるため、なかなかの難易度です。ロボットもプログラムも急ごしらえのため、仕上がりが雑なのはご容赦ください。ロボット制御ライブラリには弊社開発のpgkstuduino(ベータ版)を使用しています。https://github.com/PGkids/pgkstuduino

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください