閉校を考えているプログラミング教室の経営者は見てください

新型コロナによる営業自粛により、そのまま廃業の道を辿るケースがあらゆる業種で見られます。そして、プログラミングスクール事業に参入したにも関わらず、今回のような不測の事態で経営不振に陥っているスクール関係者は閉校する前に弊社に一度ご連絡ください。

おそらく今の情勢では、教育産業も不要不急の位置付けからこのタイミングで受講生が増えることは難しいと思われます。ただ、収束後は遅れた教育を取り返そうとする反動で入会者の増加が期待できます。その時に経営の体力がなくなっていては再浮上が利きません。今、生き残りをかけてやれることはあると思いますので、アライアンスを組むような形で関係性を構築できればと考えています。

人間ひとりの頭のキャパシティなんてたかがしれています。こちらの記事を目にし、何かしらのセンサーが働いた方は是非ご連絡お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

皆で乗り切りたい