逆サジェスト汚染?

サジェスト汚染とは、インターネット上で特定のキーワードに不穏な単語をサジェストさせることである。 インターネット上では、近年よく使われる誹謗中傷手段の一つである。 これの被害をうけた企業や個人は本当か嘘かは関係なく誹謗中傷の被害にあうこととなる。

https://w.atwiki.jp/aniwotawiki/pages/30152.html#:~:text=%E3%82%B5%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%83%88%E6%B1%9A%E6%9F%93%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%81%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88,%E3%81%AB%E3%81%82%E3%81%86%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%80%82

適切なワードが思い浮かばなかったので「逆」とつけましたが、本来サジェスト汚染とは悪い意味で使われる言葉です。詳しくはサジェスト汚染で検索すると分かりますが、特定の検索ワードにサジェスト(提案)されることで検索した人間にネガティブな印象を付け、そして特定のワードの企業や個人やモノに損害を与える行為です。この卑劣な行為に逆をつけると今度は良い印象や利益をもたらす行為になるので逆サジェスト汚染ととりあえず名付けましたが、こんな稀有な事例が身近にあります。

「江坂+プログラミング」でグーグル検索を掛けると、弊社+Python(弊社が最も力を入れているプログラミング言語)が今は表示されなくなったのですが、これが困ったことなんですよね。とあるプログラミング学習系YoutuberがPythonをテーマに動画解説したところなかなかバズっており、その結果このYoutuberと同名の事業者がPythonやプログラミング関連での検索に軒並みサジェストされるようになっているのが現状です。汚染ではなく恩恵、サジェスト恩恵なんて造語があれば適切ですね。

今、社会人(職業訓練)向けプログラミングスクールと子ども向けのプログラミング教室を分ける事業計画に取り組んでいますが、これを機に現在はサブドメインで分けているだけのホームページも別ドメインで運用することに切り替えて、何とか検索の改善に繋げたいと考えています。コロナ禍の中、色々やることもあって頭が痛いですが、11月に入り数週間もすれば年末の話題なんかも出てくるでしょう。今年は世界中が悪い流れに巻き込まれた一年でした。この教室の回りでもいくつもの店舗が閉業しました。私には苦楽を共に出来る仲間がいたり、教室に通う楽しい子供たちがいたりと本当に苦労している人に比べたらはるかにマシな方です。まあしかし我慢にも限界があるので来年はそろそろ良い年になればいいなと心底感じています笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください