試弾。

とりあえず楽器に触れる、まずは試し弾くみたいな姿勢でピアノに取り組む子って意外と少ないですね。勝手にピアノに触るな!と保育園や幼稚園では躾けられます。まあ、事故の元にもなるし、幼児に触らせても騒音を出すだけなので致し方ないですが。こんな感じで、どんどんハードルが上がっていく楽器。

ただ私も子供がピアノの鍵盤を適当に叩いて出す音はとても不快で嫌いなんですよね。一般的な方よりは音に敏感です。ですから、まず子どもたちには絶対に鍵盤を叩かないことから教えます。丁寧にコツコツ取り組む姿勢や静かに音に耳を傾ける感性ってこういうところから育まれるんじゃないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

街路。

次の記事

初段。