藤井聡太 四段 vs. 増田康宏 四段 第30期竜王戦決勝トーナメント

藤井四段と増田四段の棋譜を読んでみました。https://shogidb2.com/games/57a4eeea92ab37eaf47b8d99726ba1232361d076

中盤で飛車を取られ苦しい展開からの一気の寄せ。正直、63手目の5三桂打ちは私は発想すら出来ないレベル。桂馬の名手中原先生も真っ青の二枚桂。一局を通して特に中盤の難所をどう越えるかで勝ちを引き寄せる結果に繋がります。ちなみにその前の一手、62手目の増田さんの3ニ銀、これがコンピューター解析によると悪手であるとのこと。何気ない一手のように見えますが、ここから形勢は逆転します。

当教室は将棋もやってますので、大盤にて解説もしてます。お子様に将棋をと考えられておられる保護者の方は是非一度、東三国と江坂の間にある当教室まで無料の体験レッスンにお越し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

次の記事

非認知能力とは