第一回江坂こども将棋大会 大会ルール

大会ルール

先手・後手の決め方

振り駒で決定します(“歩”を5枚振り、“歩”が多かったら、振った人が先手。“と金”が多かったらその逆)。振り駒は、学年が上の者が行います。同学年の場合は、合議の上、どちらかが振ります。

トーナメント戦の対局時間

スイス式トーナメントとする。1対局30分制(時間切れは負け)、対局の開始時点からチェスクロックを使用。

反則規定など

「待った」「第三者の助言」「合図」は禁止です。指して、駒から手を離した時点で変更は不可。「二歩」「打ち歩詰」「成りまちがい」などその他の反則があった場合は、その時点で状況を確認できた時のみ負けとなります。ただし、両対局者とも反則に気づかず、終了後に発覚した場合は、勝負通りとします。 ブロック対局、代表決定トーナメント戦ともに、対局開始時間に遅刻または不在の場合は、棄権とみなして失格となる場合もあります。その他、問題が発生した場合は、大会事務局が協議の上、判断・決定します。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください