申請が重なる時期は多忙

お月謝や参加費を頂いて有償講座をする通常の習い事の教室以外に、弊社は求職者支援制度という職業訓練を実施しております。これからプログラミング教育が必修化される中で、事業体として維持し発展するためにはやはりもっと規模の拡大を図らなければならないタイミングも来るんだろうなと予感はしています。ただ、現状は色々な選択肢がある中で、こちらの教室に通う全ての受講生に対してサービスの低下を招くような急拡大はしたくないとは考えています。あっちを立てればこっちが立たずのようなことにはならないように丁寧なオペレーションが求められます。

この記事をご覧になったプログラミングスクールの経営に興味がある方など居ましたら、一度お声掛けください。教育ビジネスとしてだけではなくアカデミックな視点がある方が望ましいので、何か思うところがあれば遠慮なくメールフォームからご連絡お待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください