理解。

試行錯誤し悩んでいる生徒には、一人で解決するまで十分に時間を取っています。しかし、完全に思考が止まっている状態になっている生徒には声を掛けるのですが、そういう場合は正解が分からないというよりは問題の意味から分かっていないケースが多いようです。答えの解説ではなく問題の解説が必要な状態です。結局は何を問われて何を求められているのかを正しく読み解くために学校生活の五科目からコツコツ勉強する必要があるわけなんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

幻想。

次の記事

注意。