注意。

「頭を使うことじゃないよ!気付くか気付かないかだよ!」

レッスンで生徒にこんな言葉を投げかけることも多く、思考力よりも注意力が求められているケースが多いように感じています。子どもレベルの基礎学力や基礎能力からは出来ることは限られてきます。初級者の子どもに11手の詰め将棋を出しても無駄です。1時間考えさせてる間に他にさせたほうが棋力が伸びる方法なんて山ほどあります。要はレベルに見合った問題を出すことが重要なんです。楽器でもプログラミングでもそうです。教育の初期段階では思考力よりも注意力が欠けているから出来ないケースが多いので、そのためには何をすればいいのかをご家庭でも取り組んでみては如何でしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

理解。

次の記事

稽古。