求職者支援訓練修了後の就職状況調査

訓練修了3ヶ月ということで提出書類の作成に時間を費やしています。そして今回、過去最高の就職率が出ました。プログラマーという職種での就職も5割を超えました。この就職率などは、今後また訓練を実施した際の受講生募集時に学校の選択の参考に一般の方も見ることが出来ます。今回、ここでは伏せておきます。

労働局や機構にこの書類について問い合わせする中で、今の新型コロナの問題についても話をしましたが、厚生労働省直轄の事業ということでやはり取り扱いに相当苦慮しているようです。弊社もどこかのタイミングでまたPythonプログラミングをメインとした職業訓練をすると思いますが、実施期間中に訓練の中止などあった場合は相当大変なことになると容易に想像がつきます。

受講生は失業中ということで給付金関係は手厚く補償はされることと思いますが、こういう時に事業者はどうなるのかが不透明だとなかなか申請し難い現実がありますね。いずれにしても、当教室から巣立った新人プログラマーたちはこんな状況でも頑張っています。私も頑張らねば!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

ソーシャルディスタンス

次の記事

本日、大阪府休業要請開始