本当に日本経済どうなるんだろうね

巷では新型肺炎の流行、先日の速報値で昨年10-12月期のGDPがリーマンショック後級のマイナス幅、恐らく今1-3月期も引き続き消費増税とコロナによって2四半期連続の下落となれば、景気後退(リセッション)入りと言われ本格的に経済が下向きになります。ただ、実体経済と株式相場は乖離しており、日銀による更なる追加緩和などの期待で売り買いが拮抗しており今日現在、一方的な下落相場とはなっていません。

実は私も日常において、外食や買い物など必要に迫られる以外は店舗に入ることは激減したように思います。ウォーキングがてら街並みを見ていると街も店内も閑散としている光景が目に付き、教室近くのホテルではよく見たインバウンド期待の外国人観光客も減り宿泊相場も軒並み下落しています。冗談抜きにこれからの2020年代を生き抜くためには相当の努力と先見性と価値の創造をしなければ恐らく企業も個人も生き残れないように思います。

現在、弊社では社会人を対象にしたPython・C言語講座に注力しています。資格取得や受験申込やスキルアップなど、さまざまな理由で問い合わせが増えております。世の中が好景気でも不景気でもしなければならないのは学習です。プログラミングではなくても何の分野でも構いません。一人一人が何かに没入して取り組むことで打開できる未来があるはずです。こう考えると、自分自身が成長することによって周囲に良い影響を与えられる人間になれるチャンスかもしれないですね。

有事や混乱の際、人間の本性や本質が見えたりします。批判するのは簡単ですが自分もその一員だと自覚することです。自堕落な生活をしていては人間とことん堕ちていきます。どこかで歯止めを利かせるものが家族であったり仕事であったりしますが、現在そういったものが急速に失われています。品行方正に生きることが馬鹿らしいと思えるような社会になってはいけない。やってる感満載の政治ショーを見て政治家を軽蔑してはいけない。政治の質は国民の質、政治家は国民を映し出す鏡です。しかし、腹立つわ~w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください