期間。

どれくらいの期間を費やせば身になりますか?時々、そんな質問を受けるのですが、それは分かりませんとしか答えようがありません。プログラミング、ピアノ、将棋、それぞれどこまでやるのかにもよりますが難度の高い分野だと思います。1日5時間×20営業日で一ヶ月100時間を5ヶ月で500時間を求職者対象の講座をしてきた立場からしたら、大人の仕上がり像ははっきりとここら辺までは出来るようになりますと答えられますが。

アーテックのエジソンアカデミーは24ヶ月+12ヶ月で36ヶ月間でプログラミングを学ぶ教材になっています。子供の成長に沿って難度も上がっていき、最初の方は思考力が追いつかないケースもありますが、子供の成長は日進月歩、ちゃんと理解しながら進めるようになります。大手の教材メーカーが巨額の開発費を投じてリリースしておりますので、教材としては高額ですが実際よく出来ています。3ヶ月目あたりからはしっかりと考えられる子でないと少々難度の高い内容のテキストになってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

理屈。

次の記事

刺激。