描画。

この構図が美しいって感性はどこから来たのでしょうか?幼い頃から絵を描いたり色んな絵画や図形を目にして培われるものだと思います。こういった美しいと感じる感性、美的センスはなかなか説明が困難ですよね。

将棋の難しさはこれと似ています。美しい駒の配置や駒の流れのような形があります。これって説明が困難ですけど、ただ形を見せて、その形を暗記しても大した効果はないでしょうね。感覚や感性にまで浸透したものって忘れるとか思い出せないとかいうものではなくなります。性格の一部みたいなものですかね。

点と点を繋ぎ線にし線と線を繋いで面にして、図形描画などで空間認識能力を高める教室もありますが、将棋から得られる図形感覚はそれとは比較にならないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

休符。

次の記事

食堂。