問題解決能力を高めよう

事を興すに際しては、一からモノを作ったり、他者と折衝したり、情報を発信したりと枚挙にいとまがありません。この期間は非常に煩雑で、問題を先送りしたくなったり、投げ出したくもなったりしますが、一つ一つ問題解決していくごとに苦労が喜びに変わります。

子供たちは常に世の中の真新しいことに直面し、こういった感覚で生きているんじゃないかと推察します。初めてのこと、知らないこと、分からないこと、子供ながらに面倒臭さや怖さや苛立ちを感じながら、出来たときには喜びを感じているのでしょう。私はいいオトナになっても未だにこんな感覚を味わえる人生を過ごせてある意味では幸せなんじゃないかと考えたりもしますが、安定した平穏な暮らしがあるのならそれを選択したい気持ちもやはりどこかにはあります。

考えは言葉となり、言葉は行動となり、行動は習慣となり、習慣は人格となり、人格は運命となる。

(マーガレット・サッチャー)

昨日、異業種のある事業者の方にフェイスブックの更新が途絶えていることを指摘しました。多忙なのかモチベーションの低下なのかそれ以外なのか図りかねますが、この行動原理を考えると言葉がないということは考えもなくなっていることに他ならないのでしょう。やはり経営者(教育者)がまめに発信しているスクールは一つ目の考えがしっかりと根幹にあるように見受けられますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください