商い。

商いの極意は飽きないこと。使い古されて手垢の付いた言葉ですが至言ですね。子供が飽きやすいのは皆共通してます。如何に飽きずに続けるかが重要なことです。テクニックなんて二の次、三の次で十分。まず続けさせることに尽きますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

幼児。

次の記事

答え。