初段。

将棋のアマ初段は誰でもなれます。分かりやすくいうと街の将棋道場や将棋倶楽部で対局している中高年のおじさんおじいさんたちは大体初段以上です。30年も40年も将棋を指して初段ははっきり言って弱いんですが逆にいうと誰でもこれくらいにはなれるという指標です。

これから将棋を始める子どもたちはまずは初段を目指すわけなんですが、1~2年くらいで初段の棋力を付けて通過点くらいに駆け抜けてください。その為には指して指して指しまくるしかないんですが、これがなかなか出来ないんですよね・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

試弾。

次の記事

教本。