凄まじい勢いで出生率が低下しているらしい

新型コロナの影響により世界中で低下の傾向にあるが、日本はそれに輪をかけて下落が激しいようです。まだ2020年の合計特殊出生率が出ていない段階ですが、すでに2021年の出生数としては70万人を切る予測が立っているようです。

http://www.ipss.go.jp/syoushika/tohkei/Data/Relation/1_Future/2_syutsu/1-1-B01.htm

53(1978)1,70914.91.79

私の生まれ年ですが170万人の新生児が誕生しております。もし来年70万人しか生まれないなら43年で100万人減ったことになります。恐ろしい勢いで減ってますね。減少率としたら60%減ですか?これ計算あってますかね笑。仕事柄、周りには子供がたくさんいるので個人的には少子化は感じていませんが、流石にこのままではマズイだろうなと私が感じるということは相当に逼迫していますね。私は経済や相場には敏感に反応する方なので、これは近々なにかしらの政策が発表されるんじゃないかと思います。

実際、旅行・飲食とか一部の産業にだけ恩恵があるGo to travel/eatなんてキャンペーンやってないで、もうちょっと世の中のためになる良いことやったらどうなんだろうね。To be Motherキャンペーンとかどうだろうか?現金給付に問題があるならマイナポイントで500万ポイント付与。1000万ポイントでもいいと思います。

しかし、実際いくら出産を後押しするために政府がメリットを提示しても、そんなには効果は期待出来ないにおいがぷんぷんします。まず、人口ボーナス期である私の世代あたりがもう立派な中年であり、歴史的には40歳で初老と言われている時代が長かったので最近は疲れが取れないことに納得です。江坂は多産世帯が多いと聞きますが、ここから更にもう一子!とはなかなかならないだろう。

後、教育産業を後押しする政策期待してます。Go Toキャンペーン第3弾でGo To Learnやってください。さっき一部の産業にだけ~と批判しましたが、子供がここまで少ない時代に今後やっていくのはそろそろ限界でしょうね。学習塾産業全体では厳しいですけど、優秀な人間を輩出するために必要な分野なのでなんとかやっていくしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください