修了式

今週、去年8月開講の求職者支援訓練「ソフトウェアプログラマー(Python言語)科」が修了しました。始まる前は長く果てしない道のように見えても終わってみればあっという間なんですよね。これは受講生も毎回口を揃えて仰ります。今講座の受講生は就職による中途退校が非常に多く、恐らく就職率は7割近くになるかと思います。ただ、全くの未経験者から関連する就職先、プログラマーやITエンジニアといった職種で採用されるのは毎回1割強の狭き門です。しかし、私はこのスクールに通って人生が拓けた方が1割もいるということを強調したいと思います。

事業をしていると難しいことに直面することが多々あります。お金では解決できないことなんかも稀にあります。こんな時は知恵を絞って今ある技術力で乗り切るしかない訳です。十中八九という言葉もありますが、10あっても上手くいくことなんて1くらいのもんです。残りの9は次回の成功に導くための布石みたいなもんです。決して失敗ではありません。こんな感覚で仕事にも取り組んでいるので、人生が好転した1割の受講生に関しても決して少ない数字ではないというのが実感なんですね。

ともあれ、5ヶ月間お疲れ様でした。よく頑張りました。ここで学んだことを活かして人生を切り拓いてください。江坂の片隅から心より祈念しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください