不要不急にも優先順位がある

新型コロナも局地的にクラスターが発生している模様ですが、とりあえずは一段落といったところでしょうか。街を見ても人もお店も以前のような状態に近づいていますが完全とはいえません。日本以外に目を向けると、アメリカや香港では大規模なデモが続いています。死者の数も比べ物にならないですが、新型コロナによるもの、デモによるもの、犯罪によるもの、結局いのちは一つな訳ですから死因というものは結果でしかなく、その時にその人間が最優先にした結果、死に至ったということだとすればデモに参加し新型コロナに感染したとしても当事者にとっては大きな問題ではないということでしょう。信念を持って行動したことに関しては誰も攻められないはずです。

さて、私も個人的にこの数ヶ月間は優先順位を考えされられる局面が何度かありました。子を持つ親として親を持つ子として健康に関する問題、子供を預かる事業の指導者として、収益を上げることが命題の経営者として、一緒に働くパートナーのこと、これから一緒に働くかもしれないパートナー候補のこと、本業ではないが取り組んでいる事業のこと、新型コロナ禍問題以外で色々考えさせられ貴重な時間となりました。どれも大切なことですがやはり優先順位はつけなければ人間パンクしてしまいます。

子どもを持つ親として悩みは尽きません。休校により色々な問題が噴出しました。学習面でも遅れが出ました。家庭環境でやれることやれないことがはっきりしました。オンラインレッスンに向き不向きの教科。今後は不要不急の中にも優先順位をつけるための取り組みが始まったと考えると今回の自粛も意義のあるものだったのではないでしょうか。この教室で学習する分野にしても一日空白が出来ると子どもの進捗に大きな影響が出ることもあります。たった一日されど一日、不要不急といえば不要不急なことだらけの世の中です。その中でしっかりと優先順位をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

ロケットマン