イトシンTV

プロ棋士の伊藤真吾先生のyoutubeチャンネルです。一手一手の思考を言葉に出してくださり、プロ棋士の脳内に少しでも触れられて本当に勉強になります。こんな素晴らしい先生が将棋を師事して学べる子供は幸せですね。

この教室から一人は奨励会に入れるまで持っていきたいと考えていますが、研修会に入れる棋力まで持っていくのですら難しいですね。。。

研修会入会の棋力の目安

一番下のFクラスでも、アマチュア二段の実力があります。なお、東京・将棋会館・関西将棋会館・東海普及連合会では、それぞれ級位者を対象とした教室を開講しております。級位者の方は、そちらへの入会をお願いいたします。

https://www.shogi.or.jp/match/training/

職業訓練事業の再開で子供の教育事業のパフォーマンスが落ちないように何か仕掛けていこうと考えてます。やる気ある子供が集まるなら日曜日を将棋に5時間くらい開放してもいいのですが、5時間指せる子供がこの時代にどれだけいるのか。。。5時間の内、3時間でも対局に集中できれば可能性もグッと上がるはずです。

羽生先生も仰るようにまずは5級を目指します。5級といわれてもピンと来ないと思いますが、子供が無理なく身に付くレベルの棋力です。楽器と比べて将棋はゲーム感覚で直感的に楽しめる要素が豊富なのでこの辺りまでは半年から一年で身に付く可能性は大いに期待できます。

楽器は半年や一年では大したものは身に付かない子供の方が多いと思います。幼児期に一年くらいピアノを習っていましたという子供を数人見ましたが特に発達した能力はなく、何か曲が弾ける、楽譜が読める、音感やリズム感があるということもありません。メトロノームで4/4拍子のリズムに合わせて手拍子すら難しい子供も実際に多いです。これ程ハードルの高い音楽に比べて、将棋は一年でかなり高い割合で5級に辿り着く子供はいると思います。

棋力に関しては下記サイトを参照ください。

今すぐとはいきませんが、もしこの記事を目にした方はいつかこの教室で縁があればいいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください